俳優・女優紹介

V(キム・テヒョン)のプロフィールや出演ドラマの動画配信状況を調査

この記事では、韓国ボーイズグループ「防弾少年団(BTS)」の一員であるV(キム・テヒョン)さんのプロフィールや出演ドラマ・番組についてまとめています!

V(キム・テヒョン)さんのプロフィール、韓国ドラマの代表作や魅力たっぷりのオススメ作品などをまとめてみました!

V(キム・テヒョン)さんは、2013年6月13日にBig Hit Entertainmentから韓国ボーイズグループ「防弾少年団(BTS)」の一員としてデビューしました。

韓国、アジアを越えて、全世界でナンバーワンボーイズグループとして名を馳せており、世界で最もハンサムな顔100人やイケメランキング1位に何度も選ばれるほど顔が美しいことで有名です。

\U-NEXTなら31日間無料で見放題!/
キム・テヒョン出演ドラマを
U-NEXTで無料視聴
お試し期間中に解約=0円

V(キム・テヒョン)の経歴・プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

名前 V
(本名:キム・テヒョン)
ハングル
(英語)
뷔/김태형
(Vante)
生年月日 1995年12月30日(24歳)
出身地 韓国・大邱
身長・体重 178cm /58kg
血液型 AB型
所属事務所 Big Hit Entertainment
SNSアカウント Instagram(BTS 公式アカウント)

幼い頃歌手を夢見ていたV(キム・テヒョン)さんは、偶然にも友人の付き添いで行ったBig Hitの非公開オーディションを受けることになり合格。

それを機にソウルへと上京し、同じメンバーのジミンさんと一緒に韓国芸術高等学校に通いました。学生時代は、持ち前の明るい性格で人気者だったそうです。

2020年7月7日には、同年9月にメンバーのジミンさんと漢陽サイバー大学大学院に入学することが報じられました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

⠀ #BTS #방탄소년단 #BTS_BE Concept Photo – 뷔 (V) ⠀ #Curated_by_BTS #V #뷔

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 –

18歳の時にデビューしたV(キム・テヒョン)さんはグループの中でボーカルを担当しており、魅力的な低音ボイスと透き通った高音でファンを魅了しています。

ここ数年、V(キム・テヒョン)さんは作詞作曲も手掛けており、現在は自身のミックステープを製作中とのことです。

V(キム・テヒョン)の子供の頃と趣向

 

この投稿をInstagramで見る

 

Je Ne Regrette Rien 📸 #JeNeRegretteRien #후회하지않아 #V #NoRegrets #NEVERMIND

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 –


V(キム・テヒョン)さんの胎夢(태몽)とは非凡でした。V(キム・テヒョン)さんの父が夢で龍とビリヤードの賭けをして圧勝を収め、宝珠の玉を受けたと言いました。

因みに、胎夢(태몽)とは胎児の夢、つまり妊娠したことをしらせる予知夢です。

幼い頃、両親が共働きをし、祖母と一緒に暮らしました。

そして農家のせいか果物についての知識があります。そのおかげでテレビ番組『危機脱出ナンバーワン』でイチゴに関するクイズを出した時、2問正解しました。

祖母の友達がイチゴ農業をしていて得た情報があるそうですね。

V(キム・テヒョン)さんの話によると、新鮮で甘いイチゴはへたが上に突き出ていると言いました。 また、本人がイチゴを大好きだとも伝えました。

多分歌手にならなかったら、家業を受け継いで農夫になっていたとも言いました。

V(キム・テヒョン)さんが歌手になろうと決心したのは中学1年生の時だそうです。

父親が若い頃、俳優を夢見たことがあったので、息子が歌手になりたいと言ったら、息子の夢を理解して応援してくれたと言いました。

中学生の時、サクソフォーンを習ったのも「歌を歌うためには楽器を習っておいた方がいい」という父親の助言に従ったものだったと話しました。

一生懸命練習したおかげで慶南(キョンナム)大会で金賞を受賞したりもしましたが、以後友達と一緒に踊りを習いながらサクソフォーンは疎かになったため、今は演奏をしにくいと話していました。

V(キム・テヒョン)さんは、苦いものが食べられずに偏食が激しいほうだそうです。

好きな食べ物は甘いものと肉、ハンバーガーであり、生玉ねぎが食べられずカボチャ、豆も食べられず、さらには小豆も食べられなくてあんこが入った餅はもちろん、かき氷も好きではないと話していましたよ。

また、両利きという話もありますね。

普段の姿を見ると、主に使う手は右手です。

しかし、本人が中国放送で話した内容や、瞬間的によく使う手、バスケットボールなど運動する時に左手を使うのを見ると、先天的に左利きか右手を使うように訓練したものと見られます。

V(キム・テヒョン)さんは動物が大変好きだと言いました。特に子犬と撮った写真が多いです。

チームが休暇を取った時、メンバーらはそれぞれ、自宅に帰ったりして休んだ一方で、V(キム・テヒョン)さんは、動物園に遊びに行って、キタリスやリスなどの動物らと一緒に撮った写真を、BTSツイッターに掲載しました。

それだけでなく、メンバーたちとコタキナバルに蛇体験をしに行った時は、巨大なニシキヘビとも仲良く写真を撮ったこともありました。

V(キム・テヒョン)のドラマや映画の出演履歴

V(キム・テヒョン)の出演ドラマ

  • 2016年 韓国ドラマ [花郎<ファラン>]

2016年[花郎<ファラン>]というドラマでグループとしても、個人としても初の演技に挑戦しました。

ドラマは最高視聴率13.1%を記録するほど人気で、V(キム・テヒョン)さんは初めて演技に挑戦したにも関わらず、その演技力はとても好評でした。

また、[花郎<ファラン>]では、V(キム・テヒョン)さんはメンバーのJINと共にOSTを担当しました。OST[죽어도 너야(死んでも君だよ)]は、2017年のMelon Music AwardsのベストOST賞の受賞候補にもなりました。

U-NEXTで視聴可能なV(キム・テヒョン)さん出演作品

V(キム・テヒョン)さん出演のU-NEXTで配信している作品

動画配信で見放題のドラマ

  • [花郎<ファラン>]

バラエティ番組や音楽番組

  • 知ってるお兄さん
  • 週刊K-POPアイドル スペシャル
  • アイドル料理王
  • SBS人気歌謡
  • ミュージックバンク
  • ショー!K-POPの中心
  • MBC歌謡大祭典 2015
  • MBC歌謡大祭典 2016
  • MBC歌謡大祭典 2017
  • K-POPアイドルスタースポーツ選手権
  • 脳セク時代
  • アイドル STAR SHOW360
  • Simply K-Pop スペシャル・セレクション
  • フードバンク~分かち合いコンサート
  • I AM K-POP IDOL

 

U-NEXTでは、V(キム・テヒョン)さんの出演ドラマ[花郎<ファラン>]やBTS(防弾少年)として出演している数々のバラエティ番組、音楽番組も追加料金なしの見放題作品となっていました。

\U-NEXTなら31日間無料で見放題!/
キム・テヒョン出演作品を
U-NEXTで無料視聴

>U-NEXTの無料お試しの契約・解約方法はこちら<

TSUTAYA TV(動画配信)とDISCAS(DVDレンタル)で視聴可能なV(キム・テヒョン)出演作品

TSUTAYAで視聴可能な作品

TSUTAYA TVの動画配信で見放題

  • [花郎<ファラン>]

U-NEXTをはじめ、動画配信サービスで取り扱いがない作品もTSUTAYA TVの動画配信やTSUTAYA DISCASの無料DVDレンタルで視聴ができるものも数多くあります。

動画配信サービスであれば、U-NEXTが配信されているコンテンツ数多くあります。

しかし、古い作品などは動画配信されていません。そういった作品はDVDの無料レンタルで視聴が可能です。

宅配のDVDレンタルし放題サービスであれば、定額で旧作DVDが見放題です。宅配で1度に借りれる枚数は2枚1セットですが、見たい巻だけ貸し出し中で見れないなどのこともありません。

\TSUTAYA TV/DISCASで/
\全話試聴可能!/

V(キム・テヒョン)出演作品を
TSUTAYA TV/DISCASで無料視聴

>TSUTAYA DISCASの無料お試しの契約・解約方法はこちら<<

V(キム・テヒョン)の代表作ドラマ[花郎<ファラン>]

2016年〜2017年、KBS2

出演者:パク・ソジュン、コ・アラ、パク・ヒョンシク、ト・ジハン、ミンホ、V(キム・テヒョン)、チョ・ユヌ 他

1500年前の新羅を舞台に、王の親衛隊として集めらた容姿端麗、文武両道な若者達の情熱と愛、成長を描いた青春ドラマです。

このドラマでハンソン役を演じたV(キム・テヒョン)さん。ハンソンは花郎の末っ子で、親しみやすく、純粋で暖かい心を持っている反面、好奇心旺盛で1つのことに集中するとそれしか見えない愛らしいキャラクターです。

普段から愛嬌があって、少年のような純粋さを持っているV(キム・テヒョン)さんにはピッタリの役でした。

メインキャストには人気俳優のパク・ソジュン、パク・ヒョンシク、SHINeeのミンホなど多数のイケメン俳優が出ていることからも、とても人気のドラマです。

韓国ドラマ[花郎<ファラン>]動画を無料で1話〜最終回視聴!あらすじやキャスト相関図と日本語字幕情報この記事では、韓国ドラマ[花郎<ファラン>]の高画質動画を無料で1話〜全話フル視聴する方法について調査しました。韓国ドラマ[花郎<ファラン>]のあらすじやキャスト、動画の取り扱いがある動画配信サイトはどこか?全話の動画視聴に必要な料金についてもまとめています。動画配信サイトで、韓国ドラマ[花郎<ファラン>]の日本語字幕があるかの情報もチェックしています!...

\U-NEXTなら31日間無料で見放題!/
[花郎]を
U-NEXTで無料視聴
お試し期間中に解約=0円

V(キム・テヒョン)ファンのドラマオススメポイント

防弾少年団(BTS)、言わずと知れた、今世界中で人気の韓国のアイドルグループです。中でも恵まれたスタイルを持ち、彫刻のような美しい容姿と低音ボイスが人気のキム・テヒョン。防弾少年団の中でも1、2を争う人気者の彼。彼は、花郎(ファラン)という歴史物のドラマで、パク・ソジュンら有名俳優らと共演しており、ハンソンという人物の役で出演しています。彼が演じるハンソンは、天真爛漫で自分を持っている。少し風変わりなところもあるがそれも魅力的であり、誰からも愛される、そんな人物です。実際グループでメンバーと活動しているときの様子と、ドラマで演じている役の雰囲気や言動に違和感なく、かなり素に近いのでは?と思いました。普段のパフォーマンスをする彼もとても素敵ですが、俳優としての新境地で作り上げたハンソンのいう人物も是非たくさんの人に見てほしいと思います。見る人を魅了する、たくさんの魅力を持った人物だと思います。
オススメな理由:普段はBTSとして活動しているのでVくんのたくさんの魅力を見ていますが、俳優の仕事の時にしか見れない顔がBTSに居る時とは違うカッコよさがあるからです。
好きな作品:「花郎」です。この作品でVくんは花郎の末っ子のハンソンを演じています。
好きなシーン:8話でハンソン以外の5人の花郎がいる部屋に入り込むシーンです。そこでハンソン(Vくん)はお兄ちゃん花郎の布団に潜り込んで一緒に寝るところが末っ子っぽさがあって可愛いし、その後のシーンとのギャップもあるのでそのシーンが好きです。
好きなセリフ:18話でのソヌ(パク・ソジュン)とのシーンでの「僕みたいな臆病者が兄さんみたいになれるかな?道のような所が作れるかな」というセリフです。普段は花郎の末っ子として明るくみんなに接しているハンソンだけどこのセリフで初めてハンソンが抱えている悩みや思いが少し見えたセリフでした。
見どころ:Vくんは「花郎」で初めて俳優に挑戦しました。ですが初めてとは思えないくらい演技が上手です。BTSに居る時とはまた違った顔がたくさん見れます。末っ子らしい可愛い表情や仲間のことを人一倍に想う優しいハンソンも見れるのでぜひ、見てみてください。
アイドルとしてのVがもともと好きで、出演作と知って「花郎(ファラン)」を見始めました。親友を亡くした主人公が、その父親に頼まれて親友を殺した犯人を探すために親友のふりをして王の親衛隊である「花郎」の一員となるストーリーで、Vが演じているのはその花郎の一員であるハンソンです。普段のキム・テヒョンにも近いような、人懐っこくかわいらしい性格で、花郎たちの中でもかわいがられる弟キャラクターです。中でも花郎のみんながダンスの練習をするシーンでは、殺伐としたストーリーの中ではありますが、学生の文化祭の練習かな?と思ってしまうくらいの爽やかさ、華やかさです!物語全体のラストまでは出演しないのですが、ハンソンのラストは本当に悲しくて、役者としてのキム・テヒョンの才能を改めて感じました!BTSのVとして、アイドル業が忙しいため役者としての活動はあまりできていませんが、バラエティやPV撮影、パフォーマンスでも表現力を感じさせられているので、これから役者としての活躍がみられる日が来ることを楽しみにしています!
V(キム・テヒョン)は大人気グループであるBTSとしても活躍していて、ギャップに惹かれる方が多いように感じます。私自身も見た目は凄く可愛らしいのですが、実は男性らしさがあり急に劇をし出したり考え方が子供っぽかったりと以外な部分が多くそこが彼の魅力かなと思います。常に自分らしさを貫いていて、実は誰よりも陰で努力していること、そして家族や仲間を大切にする姿勢が彼の魅力だと思います。主にアーティストとして活動しているのでドラマに出演したことは1度しかありませんが、ドラマ花郎では彼らしい演技がとても良かったです。また花郎の中で一番印象深いシーンは、兄であるタンセがソヌを殺そうとするシーンでV演じるハンソンが守って自分が亡くなるシーンです。ハンソンは元々自分の弱さに嫌気を感じていたところ、勇気を出して仲間を守ったシーンは本当に感動しました。それに今までの言動がプライベートのVと結構リンクしている部分が多いこともあり、ファンからすると本当に忘れられないシーンです。
V(キム・テヒョン)らはK-PopアイドルBTSの人気メンバーでありながら「花郎」では高い演技力を発揮していました。そもそもドラマのタイトルである花郎とは皇后によって身分を隠されている王様を守る為、集められた貴族の美男子達のことを指します。彼らはその任務の為に日々武芸に励まさせられています。V演じるハンソンはチンゴル(皇族の血筋を引いているという意味)であることから、一家を繁栄させることを祖父に期待されています。しかし、彼は花郎でありながら剣術等の武芸が苦手で、好きなことは天体観測という祖父の期待には合わない少々不思議な雰囲気をまとっていました。祖父のことは好きではあるものの、剣術が得意だがチンゴルでない義理の兄に対して辛くあたる祖父の態度にジレンマを抱えています。そのようなさまをVは初演技とは思えない演技力の高さを発揮し、見事に演じています。特にハンソンは表情豊かな役柄ですが、喜怒哀楽の表現が非常に上手く思わず感情移入し泣いてしまう程でした。最も印象的なのは、祖父から主人公を毒殺するよう指示された義理の兄が剣に毒を塗り主人公と決闘するシーンです。そのことを知ったハンソンが決闘の最中、兄の剣を素手で掴み主人公を守ると同時に義理の兄に罪を負わせない様にします。大好きな義理の兄や主人公を想うハンソンの気持ちがひしひしと伝わるVの泣きの演技に魅了されました。 

V(キム・テヒョン)のドラマおすすめランキングまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

The time we are in now with #V ⏱ #화양연화pt2 #방탄소년단 #BTS #youth #태태 #XOXO

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 –


V(キム・テヒョン)さんは、2013年「防弾少年団(BTS)」の一員としてデビューし、韓国、アジアを越えて、全世界でナンバーワンボーイズグループとして名を馳せています。

世界で最もハンサムな顔100人やイケメランキング1位に何度も選ばれるほど顔が美しいことで有名です。

2016年[花郎(ファラン)]というドラマでグループとしても、個人としても初の演技に挑戦し、その演技力はとても好評でした。

歌手としての今後の活躍はもちろん、ここ数年はあまりの忙しさから演技活動をしていないため、またV(キム・テヒョン)さんの演技を見れる日が来ることが楽しみです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

期間限定
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です